NISEKO TREKKING GUIDES
2015
9/25

紅葉の羊蹄山ツアー

P9200003.JPG

今年は6年ぶりとなる大型連休シルバーウィークの年です!その初日、頂上付近から紅葉が始まって来ている羊蹄山登山行ってきました!今回は北よりの風が強く吹いているので真狩口から登る事にしました。前日までの雨の影響で登山道もまだぬかるんでいます。少し登りづらそうにも見えますが、昼からの晴れ予報を信じて意気揚々のぼり始めました。しかしまだ天気が少し不安定で、時折雨も降ってきます。でも風が強いせいもあり雲の流れがとても早く、何度か "ぱぁー"と抜けるときもあります,そのときに出てくる太陽の光がとても心地よく、山の斜面にも日の光が当たり綺麗に輝いています。ちょうど4合目をすぎて来たころで雨も落ち着いてきて、景色も良く気持ちのいい雰囲気になってきました。たまたま休憩していたところで幌向イチゴをみつけ甘酸っぱい実をつまみここまでの疲れをいやします。このへんまで来ると冬に良く滑る斜面も見えてくるので、色々と冬のイメージもしつつ足取りも軽いですね!

b1.jpg

6合目位からだんだんとガスがかかりだしてきました。もちろん景色も白一色となり、ここから見える景色を知っているだけにちょっと残念です。夏場に色鮮やかに咲いていたと思われる花達も今は何とも地味な感じでちょうど紅葉一歩手前というところでしょうかねー、たまに遅咲きのコガネギクが綺麗に最後の彩りを飾って心を和ましてくれています。さてこの辺から登山もいよいよ佳境に入って行きます。8合目付近のちょうどテラスの沢のトラバースをすぎるとがれ場広がってきました。やっと周りの景色も紅葉した草木が登場しだして,秋を感じさせる雰囲気となっています。

b2.jpg

さてまづは羊蹄山頂上の稜線に到着です!ここまででちょうど4時間、まぁペースとしては予定通りと行ったところでしょうか、意外と順調にのぼってこれました!風がまだ強く帽子が飛ばされないように押さえながらピークを目指します。

b3.jpg

頂上の稜線は意外と険しく所々岩登りもしつつ進んで行きます。たまに蝦夷シマリスが岩とハイマツの隙間をちょろちょろと走り回っていて、冬の準備に大忙しなんでしょうね!天気もだんだん良くなりつつあり、雲の切れ間の感覚も大きくなってきました。後ろからさす日の光で軽くブロッケン現象がおきたりと何とも幻想的です。一瞬抜けるときに見えるお釜のなかの紅葉は一面黄色に彩られとてもすばらしい景色です。しかし周りは時折雲の中に包まれ時もあり、先にたまぁに見える頂上の山頂標識も見え隠れしています。

P9200033.JPG

稜線に出てから歩く事30分、とうとう羊蹄山頂上(1893M)に到着しました!
さすがに連休という事もあり意外と賑やかな山頂です、記念撮影も順番こでした!

b4.jpg

明るいうちに下山しないといけないので、あまりゆっくりは出来ませんでしたが頂上を満喫したのち下山開始です。残念ながら360°パノラマとは行かなかったのですが、雲の切れ間からたまに喜茂別の町や尻別岳も見えています。相変わらず忙しそうな蝦夷シマリスを横目に見ながら9合目まで戻ってくると、また紅葉した草木が色鮮やかに広がっています。途中ちょうど熟したクロウスゴの実が生い茂っていて、ちょこちょことつまみながら歩いてゆきます。

b5.jpg

やっぱり6合目ぐらいまでは景色もたまにしか見えず周りの景色も地味ーな感じです。たまに今晩山小屋に泊まる人たちとすれ違います、みんな重たそうな荷物担いで頑張りますねー今日は山頂で宴会ですかねー

ちょうど5合目あたりにさしかかったところでやっと雲の中を抜けました!やはり下界は予報通り晴れ渡っています。5合目とはいえ1000M近い標高はありますので景色は最高です!
洞爺湖も見えるし遠くの噴火湾から函館の方までなんとか見る事ができました!

b6.jpg

気持ちのいい景色を眺めながら歩いているとやっと遠くに真狩のキャンプ場が見えてきました。ここまで来るとさすがに膝とかも疲れてきますね、1合の距離の感覚も広く感じるし登山道もやたら急に思えます、ここから滑って降りたら10分くらいかなーなんて思いながらまた森の中へと入って行きます。そして最後の急斜面を下り、無事下山です!!帰りは3時間半かかりぜんぶで9時間の旅でした。
今回朝は雨もありましたが比較的天気も良く良い山登りが出来ました!!
なんといっても色鮮やかな紅葉の景色,今しか見れませんよねー

今回ご一緒したK夫妻お疲れ様でした。次回は雪の中を登って滑って降りてきましょう〜






profile photo

NISEKO TREKKING GUIDES BLOG

GUIDE:岡田修、高久智基、山田誠

お申し込みは、ENTRY FORMから

MONTHLY ARCHIVES